落下によるガラス割れ!

ガラスが割れてしまうと

「ガラス割れ」といってもスマートフォンに及ぶ影響には様々なものがあります。
まずは、ガラスのみが壊れてしまっている場合です。この場合では、タッチ操作や液晶表示は問題なく行うことができることもあります。しかし、画面に線が入っているような状態なので見にくく、割れている隙間から水や細かいほこりなどが入ってしまうこともあります。
次に、ガラス・液晶表示がどちらも壊れてしまっている場合です。この場合では、もちろんタッチ操作も行うことができないことがおおく、何が映っているかもわからないような状態が多いです。最初の例から何かの衝撃でこのようになってしまうこともあります。
以上のように、使用する上ではあまり影響のないこともありますが、破片が刺さってけがをしたりいきなり壊れてしまったりすることもありますのでなるべく早く修理するようにしましょう。

ガラスを割らないために

それでは、ガラスを割らないために私たちは何ができるのでしょうか。
まず、日ごろから気を付けるということです。ついつい油断しているとうっかりスマートフォンが手から離れてしまうということも多いと思います。なるべくしっかりと持つように意識することによって少しは落としてガラスを割ってしまうということが少なくなるのではないでしょうか。
また、ガラスを割れにくくするスマートフォンケースや画面保護フィルムを使うということも有効です。現在では、衝撃を吸収するフィルムや画面には直接衝撃を与えないようにできているスマートフォンケースなどが多数販売されています。物理的にスマートフォンを守ることによって一気に落としてもガラスが割れなくなる確率が高くなります。
以上のように、日ごろから対策することでガラスを割ることは少なくなるのではないでしょうか。

外出時などiphoneの充電ができない時の対策は再起動です。それでも治らない場合はケーブルの故障を疑って別のケーブルで試してみましょう。何度か抜き差ししたり、別のケーブルを使ってみるのも効果的です。